秋の鶴見緑地公園~親愛なるかたんさんへ~

16110305.jpg

かたんさんへ

あなたが書かれたブログは

文章は

本当に優しくて

とても 心 強くて 心 美しくて

愛犬のひまわりちゃんとファビーちゃんたちの

わんちゃんご飯がいつも美味しそうで

うらやましくて

16110306.jpg

あなたがいつも残してくれる足跡をたどって

リンクから

かたんさんへ会いに行くのだけど

いつも

ブログを開ける指が

ドキドキしていて

16110307.jpg

ブログでお会いできる喜びと同時に

今日は

調子が良さそうなブログですように

と 心から願って

リンクから

かたんさんの世界へ入ります

16110308.jpg

のんのん

ここ最近 色々なことがありすぎて

なんなんだろう

今年って

胸騒ぎも ざわざわ 

何だろう これは

と 言う 思いが いくつもあって

最近 かたんさんの足跡が残っていないな

16110309.jpg

って 

ざわざわする

気持ちに元気をもらおう

優しい 気持ちと

強さをもらおう

って

またドキドキしながら

開けてしまった

かたんさんのブログ

11/23の就寝前の

のんのんの儀式

16110310.jpg

迷ったり

気持ち 落ち込んだり

別にそうでもなくても

眠る前に

いい気持ちにさせてくれる

素敵なブログを読んで

きれいな写真を撮られている人の

ブログを見て

16110311.jpg

色んな気持ちに

一区切りをつけて

眠りにつく

そんな一日の終わり方を

している のんのん

ベットに横たわる時には

両腕に

右にハウちゃん

左にミリちゃん

何度もハグを繰り返し

抱きかかえて

安心すると

ゆっくりと眠りにつくことができるのです

16110312.jpg

ご報告

の3文字は

あまりにも

辛すぎました

悲しすぎました

無念過ぎました

もう

どうしたらいいんだろう

この思いはどうすれば

乗り越えられるんだろう

16110313.jpg

病気と言うのは

とても

とても

残酷だと思います

16110314.jpg

その人の夢や

希望や

何気ないしあわせを

愛する人たちを

粉々にしてしまう

16110315.jpg

治らない病気なんて

なくなればいいのに

子供みたいに

単純に

こころから そう思う 

願ってしまう

16110316.jpg

いつの頃からか

のんのんのブログに

すっ と 足跡を残してくれるようになり

あまりに素晴らしい

ひまわりちゃんとファビーちゃんたちの

手作りご飯の数々に

感動を覚え

いつか

わんちゃんの手料理本を

出版すればいいのに

って

いつも思っていました

初めて書かせて頂いたこコメントは

ひまわりちゃんとファビーちゃんの横で

のんのんも口を開けてますので

同じもの食べさせてください

なんて言うものだったかと思います

16110318.jpg

かたんさんのお住まいは

九州なので

お会いできるチャンスはありませんでしたが

ちょっとした親しみのある出来事なんかも

嬉しかったのを覚えています

16110319.jpg

のんのんが

いつか行ってみたい

旅行先のひつとに

山口県の

角島があります

闘病中にかたんさんは

この地を訪れておられました

いつか

かたんさんが見た

角島の海を

空を

ハウちゃんたちと一緒に

見に行きたいと

思っています

16110320.jpg

かたんさんには

妹さんがいて

そちらのわんちゃんの名前が

うちと同じ

ハウルくん

だったり

16110321.jpg

かたんさんとは

一度もお会いしたことは

ありませんでしたが

ずっと

命のどこかで

つながっていたように

思います

16110322.jpg

いつも

生きる勇気を

大切さを

元気を

優しさを

かたんさんから

頂いたように思います

16110323.jpg

かたんさんの

訃報を読んでから

のんのんの時は

少し

ゆっくりと

流れているように

思います

16110324.jpg

6/15
6/24
6/26
7/25
8/6
8/9
8/27
8/25
8/31

かたんさんが

のんのんのブログに

残してくれた

命の

訪問履歴

足跡の数

16110325.jpg

最後の訪問は

8/31

だったようです

16110326.jpg

ハウちゃんを抱きしめる時

かたんさんを

思います

階段を上がる時

ふと手すりにつかまり立ち止まり

つーー

と 自然に涙が溢れます

16110327.jpg

どうすれば

この気持ちに

区切りをつけることができるのでしょう

16110328.jpg

ただ

痛みのない世界に

行かれた

精いっぱい

生きた

その証を

私たちが

感じてあげる

そんなことくらいしか

できないかも知れません

16110329.jpg

四十九日が

終わるまで

まだ

ひまわりちゃんと

ファビーちゃんの

そばに

ぴったり寄り添って

いるのでしょうね

16110330.jpg

もっと

手作りご飯

作って上げたかったでしょうね

かたんさんの

頭の中には

まだまだ

たくさんのレシピが

残っていたのでしょうね

16110331.jpg

ひまわりちゃんも

ファビーちゃんも

きっと

そばにいること

感じているでしょうね

16110332.jpg

また

再び

同じ世界で

あなた方が

出会える日を

夢見て

実現する

その日まで

今は

安らかな

世界で

痛みのない世界で

かたんさん

ゆっくりと ゆっくりと

お休みくださいね

16110333.jpg

祈りは必ず 通じますから

ひまわりちゃんも

ファビーちゃんも

きっと

しあわせなわん生を

送ることが出来ますから

16110334.jpg

世界中の

ペットを愛する

ご家族の

幸せをお祈りして

かたんさんへ

弔いのお言葉とさせて頂きます

また

この世界のどこかで

いつの日にか

お会いできる日を

楽しみにしております

         
親愛なるかたんさんへ

のんのんより
スポンサーサイト
コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する