春の花*花 ~その1~

11032705.jpg

のんのんは大阪に本社を置く某企業にお勤めしています

震災当日の揺れは大阪の本社ビルで体感しました

11032706.jpg

のんのんは8階建てビルの7階のオフィスでお仕事をしていました

まず隣の男性が「あ、揺れてる」と言いました

11032701.jpg

私もすぐに揺れに気付き「ほんまや、揺れてる」

だんだん揺れが不気味に大きくなりました

窓のブラインドがゆーらゆーらと揺れ始めました

一分間程続いたように思います

最高に恐ろしい一分間です

11032702.jpg

のんのんは阪神淡路大震災を経験しています

あの時の再来かと思うと恐怖でいっぱいになりました

11032703.jpg

しばらくして派遣の女性がリフレッシュルームのテレビで

「お台場で火災が起きてる」「震源地は宮城県やて」と第一報を報告してくれました

11032704.jpg

のんのんの部署はリスク管理部門で損保保険の企業代理店をしています

一時間程すると茨城配送センターから商品が地震で損害を受けたとの事故報告も

入りました

しかし残念ながら、地震による商品の損害は補償されません

その旨を課長が現地の担当者に話しをしていました

11032707.jpg

のんのんの担当は社員の方が加入している保険を担当しています

西日本は私ひとりで担当していますが東北の地域は別の代理店にお願いしています

先週、その代理店の方に状況を聞くことができました

「大丈夫でしたか?」
「こちらの社員と○○○の社員さんの自動車保険は大丈夫です。
 でも他の方は大変です。家がたくさん流されました。」

「やっぱりそうですか‥大変ですね。社長はいますか?」

「お客様のところを走り回ってます。
 今日(3/18)やっとガソリンが満タンに入れれました。社長が喜んでました。」
 
「わかりました。がんばって下さい。」
「ありがとうございます。がんばります。」

11032708.jpg

うちの社員の安否確認は社内の危機管理委員会が管轄で掌握を行っています

今回の震災で我が社の社員及び家族は全員無事との報告でした

その報告を3/15に受け、社長はすぐに東北の販売店に対し救援物資を送りました 

毛布や簡易トイレや飲料水など10tトラック満載にして送りました

物資は被害甚大だった南三陸町の避難所に送られました

到着したのは17日 出発してから二日後でした

11032709.jpg

お礼の文書が社内掲示板に掲載されてました

11032710.jpg

今回の「東北地方太平洋沖地震」に起きまして、○○○グループよりいただきました、
水・簡易用トイレ・毛布等の支援物資を、最も被害が大きい地域の一つである宮城県南三陸町の
避難所に 昨日(3/17)、○○○東北販売の社員が直接現地に届けました。

ガソリンが欠乏しているために支援物資が現場に届かず大変困窮している状況での○○○の対応を、
避難所にいらっしゃる被災者の方々から大変感謝されました。
また、ご自身も津波に飲み込まれかけ安否不明となっていた佐藤町長が直接挨拶に来られ
「○○○グループの皆様に心から御礼を申し上げたい」 との伝言をいただきました。

今回の物資を調達支援いただきました○○○グループの皆様に、佐藤町長および南三陸町の
被災された皆様に代わりまして深く感謝申し上げます。


                             ○○○東北販売 代表取締役社長 ○○ ○○


【南三陸町について】
太平洋岸に面する宮城県南三陸町は大津波に襲われ、町全域が水没。
人口約1万7000人のうち、約7000人以上の安否が依然不明。

佐藤町長の当日の状況
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110315/dst11031505490009-n1.htm

のんのんも一企業の社員として震災復興に向けて少しでも役に立てるように
仕事に頑張りたいと思っています。

この春の花々は日曜日の鶴見緑地公園です

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する