お母さん、会いに行くね~その2~

11080701.jpg

母が亡くなった お通夜の時 横たわる母の棺の上に 

ずっと携帯のテレビワンセグをつけて 見せてあげてました

11080702.jpg

テレビが大好きだった母 テレビがあるから寂しくないと言っていた母

生きていた時 このドラマと このドラマが ええねん

11080703.jpg

ちゃんとどの韓国ドラマが好きだったのか 

もう少し真面目に聞いてあげてれば良かった

11080705.jpg

最後のお別れの出棺の時には 韓国ドラマをコピーしたDVDを

母が育てた姪が入れてあげてました

11080706.jpg

そっか これね 一度見ると どんどん次の話が見たくなるのね

11080707.jpg

ようやく韓国ドラマのおもしろさが分かったと同時に

母の気持ちも少し分かったような気がします


    (ミリちゃん 今日のお召し物は 浴衣です)


11080710.jpg

亡くなる前数年は 体調が悪かったのでしょう

あまり外出も少なくなり 自宅で寝てることが多かったように思います

11080708.jpg

動きたくても動けない体 せめてもの救いが 唯一楽しみだったのが

母にとっては 韓国ドラマだったのでしょう

11080711.jpg

韓国ドラマって 勇気とか 夢とか 希望を与えてくれますよね

11080709.jpg

そうドラマに出てくる主人公のような 純粋な気持ちのまま 

母は逝ってしまったのだと思います


 のんのんも会社の仕事がきつくて 心が折れそうな時 

 この韓国ドラマで戦う勇気をもらった時がありました


お母さん のんのんもまだまだ 頑張るよ 
 
       アジャ!! (ファイト!!) 
スポンサーサイト

お母さん、会いに行くね~その1~

11073101.jpg

「お母さん お盆休み 会いにいくからね」

「お母さんが好きな551の豚まん 買っていくから」

11073102.jpg

母に この電話が出来なくなってから 2回目のお盆休み

11073103.jpg

母の写真に手を合わせます 果物をお供えして 母に語りかけます

   ( ぶさかわ みりちゃん )

11073104.jpg

今 のんのんは遅まきながら 韓国ドラマにはまっています

11073105.jpg

会社の同僚や後輩たちがすでにどっぷりハマっていて

11073106.jpg

あれやこれやと 皆してのんのんに韓国ドラマのすばらしさを語ってくれるのです

11073107.jpg

のんのんさんのお好みは何ですか? 何でも言って 好みのドラマを持ってくるから

11073108.jpg

えっ‥とね 

男前が出ていて おしゃれで 胸きゅんで 最後は必ず Happy end のがいい

   ( ハウちゃん ミリちゃんのおちりを くんくん )

11073109.jpg

みんな喧々囂々 どのドラマがのんのんの好みに合うか 大相談会の始まりです

   ( く、、くちゃい。 )

11073110.jpg

彼女たちが選んでくれた のんのんにピッタリの韓国ドラマ

「マイ・ガール」 「オー・マイ・レディ」 「パリの恋人」

どんどん DVDがのんのんの手元に届きました

   ( てへへ )

11073112.jpg

同僚、後輩の思惑通り すっかり はまってしまったのんのん

11073113.jpg

特に「マイ・ガール」のユリンとゴンチャンのカップルがいいなぁ

11073111.jpg

そういえば お母さんも 韓国ドラマが大好きで 新聞の週間番組表を切り抜いて

透明のアクリルの下敷きに入れてたっけ

見たいドラマに赤ペンでマークまで付けて

それはそれは嬉しそうに 「このドラマ おもしろいねん」て

   (今回の写真は7/31の ハウちゃん&ミリちゃんです)

         ~その2~へ続きます

天国に携帯電話

11060402.jpg

「おかあちゃん 西区の交差点で待ってるから」

11060401.jpg

いざ待ち合わせの場所に行くと母が来ていません

11060403.jpg

私はその時携帯を持っておらず、ある優しい男性に携帯を借りて

母に連絡を取ろうと何度もダイヤルをプッシュします

11060404.jpg

でも あれ程掛けなれた電話番号なのに 母の家の電話番号が分からないのです

母が私からの電話を待っているだろうと何度も番号をプッシュしようとするのですが

母に電話をかけることができません

11060405.jpg

目が覚めました 母の夢を見たのはひさしぶりです 涙が溢れて止まりませんでした

11060406.jpg

6月3日 のんのんは会社を休み人間ドックを受診しました

11060407.jpg

だいたいいつもひっかかる項目は同じです 慢性胃炎と貧血

今回も内診の時にドクターに「貧血の数値が下がってますね。何か身に覚えありますか?」
 
「いえ、特には‥」

11060408.jpg

母は昨年1/8に亡くなりました いつも私の体を気遣ってくれてました

「体は大丈夫?あんたは見かけの割りに弱いから」

母の声が 聞きたかったのだと思います 

11060409.jpg

少し心が折れてます 誰か 天国に通じる携帯電話を私に下さい

11060410.jpg

ハウルパパが会社お休みだったので ひさびさの土曜日の鶴見緑地です

11060411.jpg

以前カメラ教室の下見の時に見つけた小川のせせらぎの道

11060412.jpg

小川の源になる場所を見た筈 ハウちゃんたちと一緒に上流の滝を求めてお散歩です

11060413.jpg

今回は滝の撮影に挑戦したのですが これまたうまく撮れません

カメラ師匠のiさん また今度滝の撮影についてレクチャーお願いします

11060414.jpg

今日のロイドライトさんのランチは6時間煮込んだ豚ロースのスープ煮

11060415.jpg

ミリは外耳炎の持病持ちなので 耳ひっくりかえして部屋干し中 

彦根城の桜です♪

10041101.jpg
先週日曜日 母の納骨の為 家族で滋賀県彦根まで行ってきました

10041102.jpg
この日は曇り時々小雨というお天気でした

10041103.jpg
納骨堂は琵琶湖湖畔にあり 建物の前はすぐに湖が望めて とても景色の良いところです

10041104.jpg
やっと 母をゆっくりと休ませてあげることが出来ました

10041105.jpg
車で10分位のところに彦根城があります
帰りにみんなでお花見をしました

10041106.jpg
みりはお腹が空いて 桜の花びらを食べてました 食いしん坊です

10041107.jpg
彦根城の桜は大阪より一週間送れで満開でした

10041108.jpg
1月8日の寒い時に母は亡くなりました
今年の桜は見ることができませんでした

10041109.jpg
せめて最後に母を見送る日は 暖かな桜の花の咲く時に
と 決めていた のんのん

10041110.jpg
お母さん 天国から このみごとな桜の花が見えましたか?

10041111.jpg
お母さんが亡くなってから 何度となく あなたの夢を見ています
「おかあさーん、おかあさーん」
いつも あなたを呼び探す 自分の声で目を覚まします

10041112.jpg
またここへ来れば あなたに会えることが分かりました

10041113.jpg
もう 夢であなたを探すことは なくなることでしょう

いついつまでも ここの桜と一緒に私達家族のことを見守っていて下さい

お母さん ありがとう

母の四十九日法要に‥

10022402.jpg
ハウちゃん、みりちゃん、真剣な眼差しです

10022403.jpg
もちろん、視線の先には大好きなターキーのおやつ

10022404.jpg
この視線の先ももちろん、おやつで釣って撮影しました

10022405.jpg
ハウパパがネットで買った二人お揃いのアーガイルのセーター

10022406.jpg
ハウちゃんにはベージュを

10022416.jpg
みりちゃんには紺色を着せてみました

10022407.jpg
なかなかいい感じです

10022408.jpg
先週の土曜日は 母の四十九日法要の日でした

10022409.jpg
ハウちゃん、みりちゃんたちも一緒に参加しました
大切な私達の家族の一員なので

10022410.jpg
お香典 受け取ってくれないから って 会社の一番の友人
R子ちゃんからお供物を頂きました

10022411.jpg
とても可愛い フルーツの盛り合わせ 
R子ちゃん ごめんね そして ありがとう

10022412.jpg
みりちゃんからも お礼言おうね

10022413.jpg
うーーん いいにおい~ R子ねえちゃん ありがとうでち~

10022414.jpg
はい 今度は ハウ兄ちゃん
びしっ と決めてね!

10022415.jpg
R子お姉ちゃま ありがとうございますでち

10020629.jpg
姪の母の実家のおばあちゃん 妹さん とその旦那様
九州の唐津から 駆けつけてくれました ありがとうございました

10022418.jpg
そして最後に寒中見舞いのはがきをくれた まきまきちゃん

心温まるメッセージをありがとう

桜の咲く頃に 納骨に行こうと思います

母が倒れた時が とても寒かったので せめて納骨の時には

暖かい日に 桜の花が満開の姿を 母に見せてあげてから 

最後のお別れをしようと思っている のんのんです